膵臓がんの特徴

すい臓がんの特徴
すい臓には生命のエネルギーであるブドウ糖を有効に活用するためのホルモンを分泌するための内分泌腺と、栄養素の消化に欠かせない消化酵素を分泌する外分分泌腺があります。
この外分泌腺から出る消化液を十二指腸に排出する時に使う管のすい管が悪性化するすい管細胞がんがすい臓がんで最も多いといわれています。

なぜすい臓がんになるのか?すい臓がんの発生は
1動物性脂肪が多い食事や高たんぱく食で、緑黄色野菜が少ない食事の習慣をもっている
2コーヒー、アルコールの摂取
3喫煙
4遺伝性の慢性膵炎を患っている
5ホルモン、糖尿病
などが関係あるといわれています。
原因ははっきりとはわかっていませんが、すい臓がんは世界的に増加傾向のあるがんです。
過去の20年間で3〜4倍にも増えたといわれており男性の方が女性よりも2倍近く発生しています。
年齢的には中年の50〜60歳が多いようですが30歳でわずらうことがあります。
日本では胃がん、肺がん、肝臓がん、子宮がん、直腸がんの次に多いといわれています。
1年間に日本人の1%近くが発病し、そのうちの1割の人は死んでしまいます。
このように高い死亡率には原因があります。
それは発見されるまでの症状の出現が非常に遅いからです。
また早期の発見も難しく、発生早期のだんかいから隣接する臓器への移動する傾向があり、発見時にそれを治療することが難しいことが原因となっています。